金融機関からお金借りるリスク

普通の生活をしていても何か欲しいものを買う時足りない時はあります。
そのような時にどうするのかといいますと、誰かにお金借りるか、貯まるまで待つという選択肢があります。

普通であれば、貯まるまで待ってから買うという方法をとるのが一般的ですが、買いたいものが高い場合(家や車)などは、先に商品を購入し、後から少しずつお金を返していく方法をとる方の方が多いのではないでしょうか。

そのような一般的なローンを組む際に問題となってくるのが、「金融機関からの借金」です。このローン会社から借金があると、なかなか住宅ローン会社からの決済が下りないのが現実のようです。

だからといって、金融会社を正面から拒絶してしまうのは考え物です。→ベトナム経済金融情報

問題は金融会社からの借金であって、金融会社のカードを所有している事ではありません。
要はリスクと利便性をしっかりと把握する事です。その為には、自分の収入と残しておくべきお金をしっかり把握するという事です。
そうした上で、「何か突発性の支出があった時などに、ピンポイント的にローンカードなどを使用して急を凌ぎ、給料が入ったら速やかに返済する」といった方法をとるといいのです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>