ラクトフェリン 効能 2

ラクトフェリンは抗菌・抗ウィルス作用があるため、口内炎や口臭などを改善したりピロリ菌を抑制する効能があります。

ピロリ菌は1980年代に胃粘膜に生息していることが明らかになった胃に住み着いている菌で胃がん、胃炎、胃潰瘍などの原因となっている細菌です
ピロリ菌は鞭毛が8本弱付いていてこの鞭毛を使って胃粘膜に侵入して長期間潜伏してしまいます。
胃の中には胃酸や消化酵素があるので、死滅してしまうと思っている人も多いかもしれませんが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を持っているので、胃粘膜を分解して胃酸と中性化を図っているので胃の中でも住み続けることができます。

ピロリ菌が胃の中に長期間住み着いてしまうと、胃がんや慢性胃炎、胃潰瘍になってしまいます。
この病気を防ぐためにもラクトフェリンを積極的に取り入れて抗菌・抗ウィルス作用を体内で作ることでピロリ菌の繁殖を防ぐことができるのです。

また抗菌作用があるので、口の中のトラブルを解消することもできます。口の中で細菌が増えてしまうと口の中が荒れてしまい、口の中に細菌が繁殖してしまって口内炎や口臭の原因になってしまうのです。
ラクトフェリンは、血管を通じて体全体に抗菌成分を運んでくれるので、口の中の口内炎や口臭も改善することができるのです。

このようにラクトフェリンは身体を守るために欠かすことができない抗菌・抗ウィルス作用があるので、病気から体を守るためにも重要な成分になります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>